【真・波理論】波+α ディスクアップ 本当の波の掴み方とは・・・。

スロット稼働
-----スポンサーリンク-----



こんばんは!かぐやです!!

昨日は休日稼働で負けてしまいました・・・。
負けるとテンション下がりますよね・・・。
だがしかし負けてもあるあるを披露するというだけのテンションは残っていたんです。
「負けても笑え」
パチンコ好きの亡き父から授かった言葉である。
 
「要は負けてクヨクヨしていたら、流れが更に今より悪くなる。だから負けてる時こそ笑うんだ」
  
父はこう言った。
 
     
かぐやは中学生の頃に連載していた坊や哲の漫画に影響を受けて、麻雀に明け暮れていました。
テスト期間中は仲間内では「麻雀期間」と呼ばれ、勉強もせずに麻雀を打っていました。
麻雀を打っていると、良く耳にする言葉があります。
それは「流れ」です。
「今は伊藤くんに流れがあるからここは守りに徹しよう」
「今は流れが来てるからツモりそうな気がする」
とか、麻雀を打っていると運の流れを感じる時がありますね。
FullSizeRender

IMG_4138

アカギ:「弱気に流れている人間は理に頼ろうとする、直感に頼ることが出来なくなる・・・」
  
振りまくって流れが悪くなって配牌がバラバラになってきたりとか・・・(近藤ですねw哲也を読んだことのない方に説明すると、自分の運のなさを逆手に取り、敵にロンされまくりわざと自分の流れを悪くし配牌をバラバラにして国士無双を狙う戦法をつかうキャラ)
 
 
ギャンブルでは自分の運の流れを読むことも大事なのである。(適当)
   
 
ということで今日は昨日の負債を取り戻すために仕事帰りにディスクアップを打ってきました笑
IMG_4117

仕事帰りにハイエナで立ち回っていたのですが、打つ台もなく、職場から4店舗目のホールでこのディスクアップにいきつきました。
 
合計4台あるディスクアップですが、この台しか空いていなかったんです・・・!笑
                    
この台の履歴を見た時、僕は
                   
「朝一800もハマってからのビッグオンリーの連チャンの後だ・・・。きっとこれからハマった上にバケに片寄る展開になり、負けるんだろうな・・・。」
と思いながら、負けたらネタにでもしようと思い着席しました。
 
すると投資7本目
FullSizeRender
FullSizeRender
333G ビッグ
FullSizeRender
さらにDTも当選!
 
< br>
FullSizeRender
そしてDJゾーン中に
                               
FullSizeRender
バケ!
     
FullSizeRender
なんか想像してた展開と違う・・・?



その後 
 
 

FullSizeRender   
189G ビッグ
FullSizeRender
そしてDT突入しかもシンディ!
FullSizeRender
  とここでプレミアのビッグ0確・・・!!
最近このプレミアに良く遭遇しますね・・・!
FullSizeRender
更に
IMG_4130
バケも引く・・・!!
 
FullSizeRender
更に更に!!
ビッグもう一個追加し・・・
   
FullSizeRender
 
一挙に1000枚近く獲得しました!
FullSizeRender
ここで辞め。
稼働時間は約1時間。
 
1200枚流しのプラス16Kである。
 
かぐやは思った・・・
 
「負けると思ったのに結構勝った・・・!」
 
なんで勝ったのか?
 
それは前日負けたからではないか?
 
負けている時は自分の中の流れが悪いわけで、ということは、自分が思い描いている展開になり辛いということである。
どういうことかというと、ギャンブルでいう逆張りの理論なのである。
 
台にも波があるように、人にも波があるわけで、今回でいうとディスクアップの波は悪い方向に向かいそうだったのだが、僕の人間設定の波が悪かったが故に、きっと負けるであろうという僕の考え、予想と逆行して、いい結果に傾いたのである。
これぞ台の波と自分の波を読み取る、真の波理論立ち回りである・・・!!
 
信じるか信じないかは、あなた次第です・・・笑笑

お読みいただきありがとうございました!
次回もよろしくお願いします(´▽`*)

応援クリックお願いします(^^ゞ
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました